トップトピックス > 電子たばこ通信2(電子タバコの種類について)

トピックス

トピックス

2010年08月06日 電子たばこ通信2(電子タバコの種類について)

電子タバコの種類

インターネットで電子タバコを検索すると、実にたくさんのサイトにヒットします。
個人輸入を代行してくれるサイトや、通販サイト、各商品の比較サイトまで実に様々です。

実際に電子タバコを試してみたいと思っても、これでは何を選べば良いのか迷ってしまいます。
そこで、電子タバコの種類について、わかりやすく説明します。

まず大きく分けて日本製と外国製に分かれます。外国製といってもそのほとんどは
中国製。本家本元が中国です。
中国製の場合、ニコチンが入っているので、タバコを吸うのとほぼ同じ満足感が得られます。
ただそのニコチンやタールの含有量については、当然のことながら商品によって様々です。

海外製電子タバコの場合通信販売がほとんどですので、実際に手にとって成分内
容を確認することができないのが難点でしょうか。
輸入品の場合は、味にそれほど種類はなくメンソールと通常のタイプの2種類がほとんどです。

では日本製の場合はどうでしょうか。日本製の場合、その目的が“禁煙”であると
はっきりしています。

前項で述べたように薬事法でニコチンやタールの使用が制限されているため、ニコ
チンを含む製品は販売することができないというのもその理由の一つですが、世界
的に禁煙ムードが高まっている
中、喫煙気分を味わいながら、ニコチン依存を少し
ずつ減らそう
、という意図がはっきりとわかります。

では、日本製の電子タバコはどのような種類があるのでしょうか。
メントールはもちろん、コーヒー、グレープフルーツ、ローズやストロベリーといった
女性向けのもの、中にはわさびなどという一風変わったものまであります。

これを見たら、普段タバコを吸わない人まで試してみたくなるのではないでしょうか。

※わさびとかいろいろな味があるのはTAECOさんですね
いまや100種類以上のフレーバーがあります。日本メーカーの他社製品と比べると
フィルターがちょっとお高めなのでランニングコストを考えると財布が痛いです。


お問合せ