トップトピックス > 電子たばこ通信1(電子タバコとその種類について)

トピックス

トピックス

2010年08月06日 電子たばこ通信1(電子タバコとその種類について)

電子タバコとは


電子たばことは、火を使わず、いやなにおいの煙を出すこともない
いわゆるタバコモドキ。

専用のカートリッジ内の液体を、充電池で霧状にして煙を発生させて
喫煙気分を味わうというものです。見た目には従来のタバコと全く変
わらないうえ、カートリッジを“吸う”ことで煙を出すので、タバコを吸っ
ているのとほとんど変わらない感覚を味わうことができます。

ほとんどの場合、商品のスタートキットは、充電器とバッテリー、フィ
ルターと専用のケースがついていて、最初にこれを購入すれば、あと
は様々なフレーバーのフィルターを交換するだけ。

その日の気分によって味を選べるのも電子タバコの魅力の一つです。

もともとは2003年ごろ香港で初めて開発されたものだといわれてい
ます。当初は輸入品のみで、現在でも個人輸入が主流となっていま
すが、日本製の商品もだいぶ店頭で販売されるようになりました。

日本ではニコチン入りの電子タバコは薬事法により販売が禁止されています。

個人輸入が主流なのもそのためで、日本製のものはニコチンの入っ
ていないメンソールやフルーツ味のもの。
おもに禁煙を目的とした商品という意味合いが強いものとなっています。


お問合せ