トップトピックス > あたらしい仲間ができました。(豪徳寺招福猫児)

トピックス

トピックス

2008年01月05日 あたらしい仲間ができました。(豪徳寺招福猫児)

皆様に福が来るようにと、招き猫の仲間が加わりました。
来客カウンターに鎮座して皆様のお越しをお待ちしております。

goutokuzineko.jpg
ご利益は....
家内安全、商売繁盛、心願成就と吉運が訪れるといいます。手招き猫人形の起源は定かではありませんが幕末に井伊直弼が大老になった頃から門前の茶店で売られていたようです。

豪徳寺....
東京都世田谷区豪徳寺にある曹洞宗の寺院。元は臨済宗。山号は大渓山(だいけいざん)。一説には招き猫発祥の地とされる。

招福猫児.....
招き猫発祥の地です。豪徳寺では三が日に「まねぎねこ」を授与しています。貧寺だったその昔、和尚が自分の食を割いて与え我が子のように可愛がっていた猫がいました。ある夏の日、鷹狩の帰りの武士を手招きして呼び入れました。それが彦根城主井伊直孝との縁のはじまりでした。それからは豪徳寺の吉運が開け、井伊家の菩提所となり田畑の寄進を受けて一大伽藍となったようです。
猫の報恩招福の霊感に感じ入った和尚は猫の死後墓を立て、猫の姿形を作って冥福を祈りました。これが招福猫児(まねぎねこ)として現在にいたっているようです。


お問合せ