トップスタッフの声 > 介護スタッフ

スタッフの声

介護スタッフの場合(A.Aさん 27歳 女性)

介護スタッフ

A.Aさん 27歳 女性
介護経験2年半
会社情報:区立の特別養護老人ホーム


特養での仕事をはじめて約1か月半たちます。私は以前、在宅介護の事業所で約2年間ホームヘルパーとしてお仕事をしていました。在宅介護のお仕事はいろいろなお客様との出会いがあり、毎日いろいろな出来事があり楽しくお仕事をしていました。各家々のやり方・風習があり、辛いことも多々ありましたが日々いろいろな新しい発見が刺激的で、そんな楽しい毎日を送っていましたが、ある日の事件がきっかけで施設での介護を勉強したいという気持ちの変化が現れたのだと思います。

あるお宅にお伺いした時なんですが、インターホンを鳴らしても何の返答もなく、おかしいなぁと思い、玄関横にある台所の窓からのぞいてみました。そこにはお客様が倒れている姿が見えたんです。私はそれを見て気が動転し、最初に私は会社に電話しました。その後、セービス提供責任者の指示のもと、119番に電話・緊急時の対応を行いました。お客様は軽い脳梗塞で大事には至らなかったのですが、この時の行動を冷静に考えてみた時、私は自分の介護技術に不甲斐無さを感じてしまって・・・何で最初にお客様の意識の確認をしなかったんだろう・・・などいろいろ考えました。

この事件を、特養に努めている友達に相談したんです。その友達の話を聞くと、在宅ではなかなか体験できない事を友達は仕事として日々やっているんだなぁと感じました。たとえば、看護師さんがいつもいるので医療的な事が勉強できたりだとか、ケアマネさんの話が聞けたりとか、デイサービスの状況が聞けたりなどなど・・・今の職場ではなかなか勉強できないことが特養だとできるのでないかなぁ、と思ったのがここで仕事を始めたきっかけです。

最初は自分で仕事を見つけようと思い探してましたが、なかなか思うようにならずそんな時の出会ったのがマンキャピタルだったんです。営業の方が面接・登録をしてくれて、いろいろ相談にのってくれたので安心できました。その時わたしが抱えていた不安は、できれば社員で仕事したいけどいきなり社員で大丈夫かや、スキル的に問題ないか、入社してみないとわからない事があるんじゃないかなどなど・・・。登録後から仕事が始まるまでもいろいろと相談出来たのが安心できました。

今は研修も終わり、ある程度のことは一人でもできるようになりました。何かあったら周りにスタッフがいて聞けるのが安心。それにケアマネさんや看護師さんもいるので、それが本当勉強になるんです。前職とはまた違った楽しさがあり、今は毎日楽しく仕事してます。できれば、頑張って紹介予定派遣で正社員になろう・・・なんかも実は考えてます。


特養ってすっごく大変なイメージがあったけど、それよりも入所している方との距離が短いしいろいろな経験ができるのが、今仕事をやっている理由なんです。派遣という形態での仕事なので、仕事の相談を誰にしていかがはっきりしているし、それが一番安心です。結構仕事始めたはいいけど、誰に相談していいかわからない時って結構ありますしね。 施設経験がなくて心配な人でも、一人での仕事でないので安心は安心です。それに相談する人は周りにたくさんいますよ。
この仕事はやってみないとわからないと思いますよ。



ページTOPへ