トップスタッフの声 > ヘルプデスク業務

スタッフの声

ヘルプデスク業務の場合(A.Aさん 31歳 男性)

ヘルプデスク業務

A.Aさん 31歳 男性
ヘルプデスク経験2年
会社情報:従業員800人 部署7人(マンキャピタル)


このお仕事を就業させていただく前は私は営業の仕事をしておりました。常日頃パソコン関係に興味があり自作PCなんかも作っていた関係で、マンキャピタルからのお仕事で軽めのIT系のお仕事はお手伝いさせていただいておりました。(パソコンのキッテイン作業やITの引っ越し作業などです)。その時にマンキャピタルの営業さんから「実は大学でヘルプデスクの仕事があるんだけどやってみない?」と誘われたんです。その時、こうビビット来るものがありました。ちょうど営業の仕事に行き詰まり感を持っていたんです。だからお仕事の中身もあまり聞かないまま二つ返事しました。営業の方もびっくりしてたのを覚えています。それだけ営業の方と信頼関係あったからかもしれません。でも、いま2年ほどこのお仕事をさせていただいておりますが、非常に感謝しております。好きなPCのお仕事の上、ずっと仕事としてやってきた営業の仕事も活かせたからです。

大学のヘルプデスクのお仕事はこのようなものです。
IT講義室の管理(鍵開け閉め。ユーザー管理)。講義をされる教授のサポート。学校から入学時に配布される(といっても強制購入)PCのオンサイトと電話サポート(これが結構多いです)。学生バイトのシフト作成(学校ではバイトを雇わなくてはならないらしいです)トラブル対応の資料作成。学校のホームページ更新作業。などなどその他雑多な仕事もあります。でも、毎日が結構充実していますね。勉強になることがたくさんです。総合大学だからユーザー数も数千人いますし、私は理系の学部を担当していまして、そのため技術研究のために新しいサーバーを購入したりなんかもあります。まだ、技術的に追いついてないので触らせてもらえませんが、早く技術を習得してサーバー管理も行ってみたいです。IT業務未経験だった私ですが、この仕事の良いところはお仕事をしながら技術を習得できることです。技術の習得=業務の効率化の図式が成り立ちますので、いくらでも就業時間を使って勉強できますし、新しいこともトライできます(当然制約はありますが)。今度サーバー管理者であるリーダーに仕事の引き継ぎをする予定です。それは、私がやりたかった仕事でもありますので今からわくわくしています。


IT業界は景気も良くなったことも一因していますが、非常に人不足が顕著な業種です。今後もこの状況はしばらく変わらないかと思います。他の業種よりも賃金が高いこともこの仕事の魅力です。未経験からの挑戦は非常に大変かと思いますが、ITの関係でアピールできるものがあればマンキャピタルの営業の方に話してみてはどうでしょうか。もしかしたら私のように紹介してもらえる仕事あるかもしれません。何事もトライです。
一つ注意です。この業界の仕事は別名「デジタル土方】(どかた)」と呼ばれています。



ページTOPへ