東京都 人材派遣会社マンキャピタルトップ > ご紹介職業

ご紹介職業

人材紹介

知りたい職業のボタンをクリックしてください。ページが移動します。


オフィスサポート

大枠では、オフィスで行われている仕事一般となりますが、現在のオフィスワークの傾向としては、就業先の方でお仕事も専門性が問われたり、経験の問われる作業があったりと細かい範囲でカテゴリーで分け業務の案内をしやすいようにしております。
そのため、私どもよりご案内するお仕事は希望のお仕事に近いものが多いと思います。

一般事務

専門性をあまり問わない事務業務。様々な事務業務をゼネラリスト的にこなす能力が必要になります。オフィスサポート業務をすべて行う必要がありますので、専門性を問われないとはいえ、様々な業務に柔軟に対応をする必要があります。クライアント様や社内からの問合せなどの対応を行う必要もあり、人と接する機会も多くなります。ゼネラリスト的要素が必要なため、過去どのような職歴があるかが採用に大きく左右される場合が多くあります。

営業事務

営業の受注・発注業務を中心として作業を行います。営業社員とペア組をし配属になる場合が多く、効率的に業務を行う工夫をしないと営業業務に支障をきたす場合が多くあります。その他の業務としては在庫や納期の管理、売上伝票の作成、電話の応答など、一般事務的な仕事に加え、見積・請求書作成や売掛金集計、スケジュール管理などのサポートも行います。他部門との調整、顧客や取引先との対応など、営業活動に関わる事務の全般を行います。

総務事務

企業の総務部門内でアシスタント的な業務を行うことになります。平時のお仕事としては備品管理や書類のファイリングなどで、会社的なイベントのお仕事のお手伝い(株主総会の運営準備)や、会議室などの設備管理、企業間の契約書作成・管理などの業務があります。電話対応などのお仕事もあり場合によっては、代表電話の応対や受付応対もあるため、日々の礼節を考えた行動が必須となります。

人事及び採用サポート

中途採用や新卒採用の人材募集から選考までにかかわる人事採用関係の対応。また、総務として給与計算・年末調整などの給与計算関係や、社会保険の手続き・福利厚生などの雇用や労務に関するような総務と同様の業務を行う場合もあります。さまざまな法律関係を考えながら行う業務が多くそれらの経験はもとより専門知識が問われる場合が多くあります。今昨問題となっている社員の個人情報を知りえる業務を行いますので、機密保持などその重要性を認識した行動が必要になります。

経理事務

経理財務に関する事務業務を行っていただきます。企業活動や事業の状況と結果を明確な数字で表さなければなりません。事務処理はほとんどコンピュータ化されており、OA操作のスキルは必須。特に表計算ソフト(Excelなど)の使用頻度は非常に高いです。しかしそれ以外の会計ソフトや独自のアプリケーションを導入している企業も多く、使用ソフトの経験やテンキーの精打率がアピール材料になることもあります。責任の範囲もあり、派遣業務では現金や有価証券を扱わないようにしています。

セレクタリー(秘書)

業務経験が非常に必要な仕事です。担当上司が役員クラスの場合は役員秘書の経験を、外国人上司の場合には外国人秘書の経験を求める傾向にあります。業務内容としては、スケジュール管理や出張手配、社内外との連絡・調整、電話応対、電子メール管理、文書や資料の作成・管理、会議の準備などのサポート業務を行います。Word、Excel、PowerPointの実務経験は必須業務です。ビジネスマナーや慶弔関係の知識はもちろん、文書作成や通訳などの英語力を求められることも多いです。さらに外国人上司の場合、文化、風習の教示や住居の手配など、プライベートでのサポートを必要とされることもあります。外資系企業などは、国際秘書検定の米国秘書資格(CPS)や米国プレMBA資格(CAP)が必要な場合もあります。

OA業務・データ入力

その他の事務の仕事と違いアプリケーションソフトを使用してデータや文章を作成、加工、集計などを行うOA操作中心の業務です。そのためExcel、Word、Access、PowerPoint等の各種パソコンソフトの知識・経験は必須です。最近ではマイクロソフト系以外のソフトのOA操作業務も多くなってきています。操作するスピードや入力のスピードを非常に重要視します。ソフトの種類や機能により、仕事の難易度も異ります。経験のないソフトでも前向きに常に新しいものを習得する姿勢が必要です。

コールセンター業務

顧客への電話対応業務を専門に行なう業務でテレマーケティング業務とも呼ばれています。主に、メーカー(お問合せ)や通信販売事業者などが設けている、消費者からの問い合わせに対し窓口となる電話応対業務です。大別すると受信(インバウンド)業務と発信(アウトバウンド)の二つの業務です。受信(インバウンド)業務は、顧客の問い合わせや申し込み等を受ける業務で、顧客のニーズを的確に把握することがサービスの提供につながります。発信(アウトバウンド)業務は、市場調査やセールス、情報の提供を行う業務で、営業的なセンスを必要とする内容も多く、電話の相手の気持ちを瞬時に判断した対応が求められます。CRMソフトへのPC入力をリアルタイムで行う必要もあります。 近年は、CTI技術によるコンピュータと電話の連動、顧客データベースの整備などによって、企業の戦略的性をを決める重要な業務となっています。


IT技術系

この業務は未経験で派遣という業務につける可能性は非常に低くなります。特にITエンジニアで活躍している人たちは、専門学校や技術系の大学で学んだり、文系の方も正社員で新卒で採用され新人研修などで一通り学んだ人が多い。お給料が高いことで周知されてはいるが、それとは引き換えに秒進分歩と呼ばれる技術革新についていくことは容易ではない。新しい技術を積極的に学んでいく姿勢がないと時代にキャッチアップできなくなってしまうこともあります。

ソフトウェア開発(SE・プログラマ)

2005年度ぐらいから再びこの開発エンジニアの不足が多く言われています。クライアントからヒアリングを行いその要望に応じてコンピューターシステムの設計を行うのがシステムエンジニアです。仕様書の作成から、テスト、運用計画まで、システム導入に関わる行程全般を管理することが必要になります。その作成された仕様書に従って、プログラミングをするのがプログラマーの業務です。機械相手の仕事と思われがちですが、どちらもその専門知識や技術はもちろん、コミュニケーション能力、集中力、正確さなどが求められます。いまや秒進日歩といわれ進歩を続けるコンピュータ技術にキャッチアップし、クライアントの要求にマッチしたシステムを開発する能力が必要となってきます。
プログラマは体力的にもきつく、35歳ぐらいまでにその上流工程であるシステムエンジニアのスキルを身につけ、スキルアップを図らないと業界内で生き残ることも難しくなっています。他の業務と比較すると高給ではありますが、精神的にも肉体的にも過酷な業務です。

製図・CADオペレーション

CAD操作自体はそれほど難しい作業ではありません。CADは製図ソフトであり、設計ソフトではありませんので直接設計を行うことはあまりありません。設計技術者がデザインした建築、機械、電子回路、電気、プラント、設備、土木などの設計図面をソフトを使用し精密できれいな製図に仕上げていきます。最近では人件費などコストの問題もあり、設計技術者自身がCADオペレーションまで一貫して手がけるケースも増えてきています。今後はそのためオペレーションだけでなくその上流の専門的な知識を持ち、いざというときの為に備えておく必要があります。


人材派遣会社マンキャピタルのページTOPへ